竜創~リュウソウ~

竜名が創作するから竜創。モットーは変わらず、のんびりいろいろ♪

ラーメンは幸せのあじ。

ラーメンは幸せのあじ
はっかいめ。
今回は完全ににっきです。
プロフィールにはほとんど何も書いてないですが、学生です。中。

今日ラーメンを食べました。おいしいです。大好きです。ラーメンを食べると幸せな気分になりますね。
家族みんなが仲良くなるというか、なんというか、とにかく幸せになります。
やっぱりラーメンは幸せのあじです♪
あと、英検受けました。今日。5級。です。
はい、ノリで受けるもんじゃないです。スイマセン。読めない単語があって困る困る。
大変でした。でも、結果が気になります。
あー合格してればいいなぁ←棒読み
今回は                        以上

つづき。スイマセン最初からぐだぐだで。
「あれれ。みんないないなぁ。部屋に…ってあたし、ひとりぐらしだった。てへ」
なんて冗談を言ってもしょうがないのはわかるが、気が動転して言ってしまった。
まぁ、学校もないし着替えて散歩でもしようか。
あれあれ、あいつは、あおいじゃないのかな?
「おーい!あおいー」
反応は?
「ん?」
あった。やった。知り合い発見!
「あおいだいじょうぶ?ここどうしちゃったんだろう?あたし起きてから不安で…ってなに?急にものめずらしそうな顔して」
「あなたから、不思議な力を感じる…」
「へ?」
「わたしは、あなたの知っているあおいじゃない。裏のあおい。表の影。ここは裏の世界。何でもできて何もできない世界。」
よくみると、絶対着ないようなドレスのような、ローブのようなものを着ている。確かに不自然だ。
「あなたは表。なぜここにいるの?」
わたしは何が起こっているのかわからないし、第一言っている意味がわからない。
「え?え?意味わかんないんだけど。あたしもここいいるわけ知らないし、いつのまにかいたのよ。」
きょとんとした顔で自称裏のあおいが 
「表と裏が入れ替わった?そんなことってあるの?」
「なにぃ。それじゃあ今、表には、裏のあたしがいるてっこと?」

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する